強化ガラス

強化ガラスタイトル

2015年1月、当社は風冷強化炉設備を導入致しました。
これにより、高品質な製品を短納期で供給させていただけるようになりました。
サイズ、納期などご相談下さい。
国内の風冷強化炉(オシュレーティングシステム)では対応できなかった、小さいサイズの熱処理が可能な装置。

オシュレーティングシステムの為、冶具跡が残らず歪みの無いきれいな表面が得られます。
※最小サイズ:50×50、φ50(φ30実績もございます。)
ガラス両面に常温の空気を一様に吹き付けて急冷します。急冷により表面が内部よりも先に固化し、 安定した圧縮応力層ができ、内部にはそれに釣り合う引張応力層が形成されます。圧縮応力層は、板厚の 約1/6程度となります。この熱処理によって、同厚のガラスの3倍以上の強度を得ることができます。
強化ガラスの特徴
※対応規格についてはご相談ください。
JIS B8286、第一種、第二種圧力容器、高圧ガス特定設備は同一ロットでの試験が必要となります。
テンパックスガラス8mm(未強化品)
テンパックスガラス8mm(未強化品)
テンパックス強化ガラス8mm
テンパックス強化ガラス8mm
テンパックス強化ガラス5mm
テンパックス強化ガラス5mm
テンパックス強化ガラス10.2mm
テンパックス強化ガラス10.2mm
テンパックス強化ガラス15mm
テンパックス強化ガラス15mm
テンパックス強化ガラス20mm
テンパックス強化ガラス20mm
強化ガラス4mm
強化ガラス4mm
強化ガラス10mm
強化ガラス10mm



破砕の状況は、大きさ、形状、破損の仕方で変わります。
化学強化法では、ガラスを溶融した硝酸カリウムに漬け込み、ガラスに含まれるナトリウムイオン(Na+)を放出させ、代わりにカリウムイオン(K+)を取り込ませる処理が行われます。 ナトリウムイオンに比べてイオン半径が大きいカリウムイオンを取り込むことで、ガラス表面に圧縮応力がはたらき、強度を高めることができます。


主な用途: センサー用カバーガラス